SFCニュース12月号

2023年1月、花屋「kkot kkot」始動!

 今年もいよいよ師走。11月の終わりまで温かい日が続いていたかと思ったら、12月になった途端に寒くなり、いよいよ冬だなぁと感じる事が増えました。

 皆さんはどんな1年でしたでしょうか?私は今年は「皆で楽しむ年にしたい!」と思い、海生けを企画しました。藤沢校と祐天寺校と農水、そして外部の方やゴミ拾い侍と、普段関わることのない方と青空のもと花を楽しむことが出来、「皆で楽しむ」が出来たのではないかと思います。多くの方々のご協力に改めて感謝です。

 もう一つ、秋には藤沢の教室でもセルフコーヒーを再開しました。コロナ禍で中止していたので、おけいこが終わるとすぐに帰る方が多かったですが、コーヒーを飲みながら、少しずつ生徒さんともゆっくりお話が出来るようになりました。おけいこの時間が今まで以上に楽しく充実した時間になればと思います。

 お教室以外にも初めてドラマの監修に挑戦させていただいたり、久しぶりに結婚式のお仕事もさせていただきました。生け込みやHANAMUKEのお仕事も順調に増え、先生方や研修生のサポートのおかげでお花の活動を思う存分に楽しむことのできた1年でした。

 そんな中、徐々に東京でのご注文が増えて来てHANAMUKEなどの一括大量納品があると、納品先が都内なので自宅で一人で制作していたのですが、一人では何時間もかかり、作業机もないので腰が痛くなり、花だらけのリビングの中で家族全員が縮こまって生活をする、と言う感じになっていました。

 娘から「花のある生活ってこういうことじゃない」と、ごもっともな指摘を受け、「お父さんに怒られないうちに、さっさと作業スペース探してこい」と言われ、そうは言っても作業スペース借りるには相当なお金がかかるし、と春ごろから知り合いの不動産屋さんに情報だけはもらっていたものの、なかなか踏み切れず。夏ごろに「花屋を辞める人がいるから」とご縁をいただき、具体的な検討を始め、1月から花屋をオープンさせることとなりました。まだまだ不安だらけではありますが、契約してしまったものは、もうやるしかありません!花屋経験のある佐藤順子さんがサポートしてくれることになり、先生方も見るに見かねて私の至らない部分をサポートしてくださっています。花屋をやることで花材を充実させたり、教室にもよい影響を作れるよう頑張っていきたいと思います。

 12月はクリスマスにお正月、今年最後のおけいこも楽しみましょう!

この記事を書いた人