No.352 SFC談話室

卒業する平田先生から

最近は木曜日の夜のみとなっていたので、なかなかお顔を合わせる方も少なかったかもしれませんが、平田先生が12月で卒業されることとなり、皆様にメッセージを頂きました。

20年間お世話になりました         SFC講師 平田薫花

 若かりし頃、仕事を辞めて余暇があったとき、お花を習ってみたいなと思ったのがSFCと出会うきっかけでした。

 はじめはこんなに長くお世話になるなんて思いもしなかったのですが、教室の雰囲気やしっかりとカリキュラムがあること、そして一番は平野先生の人間力に吸引されてフラワーアレンジメントから生け花までしっかりと学ばせていただきました。

 ありがたいことに研修生にならないかと声をかけていただき、更に講師を務めさせていただくことになり、大変貴重な経験をさせてもらいました。

 人に何かを教えるということは、ものすごく大変です。責任があります。時には私でいいのかなと自問することもありました。でもそんな時は歴代の先生方から教えていただいたアドバイスなどを思い起こし、私が学んだとことを今の生徒さんたちに返していけば大丈夫だと少し気持ちが強くなりました。講師ができるようになったのも、お稽古のたびにきちんと教えていただいた積み重ねがあってこそでした。本当にありがとうございました。

阿多先生が代表となり、新しい風がSFCに流れています。

いろいろなことにチャレンジする阿多先生を見ていると、やっぱり平野先生の娘さんだなと感じます。

私は個人的な都合によりSFCを去りますが、新しいSFCがどんな発展を遂げるのか見守っていきたいと思っています。

20年間大変お世話になりました。

この記事を書いた人