失恋した時、どうする?

生け花&フラワーデザインの湘南フラワーコーディネート阿多星花です。

突然、アラフォーのおばちゃんが何を言い出したかと思ったら・・・(笑)

いや、なんかふと思い出したんです。

学生時代、人並みに恋をして、人並みに失恋もして。

なんにもやる気が起きなくて、学校サボってみたりしてたんですが、バイトとお花のおけいこだけは休まず行ってたんです。

バイトはとりあえずお金もらってるし、社会的責任みたいなものもあり。

お花なんて、学校ほど大事でもないし、花なんか生けられるテンションじゃない、普通そう思いませんか???

でも、お花だけは絶対休まなかった。

むしろ落ち込んでいるからこそ。

お花を生けてるときって、嫌なこと忘れられるんです。

そうやって一旦嫌な気持から切り離されることで冷静になれるんです。

すーっと気持ちが楽になるんです。

ほんとに不思議。

普通に友達とカラオケでバカ騒ぎとかもしてみたんだけど、カラ元気出すと空しくなるだけなんだよね。

ダイエットのリバウンドみたいに、後のひずみの方が大きくて。

今思えば、あのまま放っておいたら引きこもってたよねって思う時期もあったけど、お花があったからやってこれたんじゃないかと思う。

いやいや、友達の存在も大きかったけど。

今となっては、そんな風に落ち込める心の弱さみたいなものすら懐かしくて愛おしい思い出だけれど。

壁にぶつかって落ち込んでいる人には、夢中になれるものに出会って欲しいな、と思うのです。

落ち込んでるときに新しいこと始めるパワーはさすがに出せないと思うから、本当は普段から何か夢中になれることをやっておくべきなんだと思う。

カラ元気じゃなくて、ルーティン的に取り組める楽しい事。

大人になって、周りを見てると心のバランス上手く取れる人って、ちゃんとハマってる趣味がある。

仕事が出来る人は休日も充実してるって言うしね。

私はお花しか知らないから、お花の力でそういう時に力になれたら、私は最高に幸せ、と思うのです。

華金の夜の、どうでもいいつぶやきでした!

関連記事

  1. ズボラさんシリーズ☆飾る場所編!

  2. SFCニュースの前身、花幸会だより

  3. 小さな発見の積み重ね

  4. 日常の中にちょっとしたハッピーを!

  5. 秋の七草~台風一過の桔梗

  6. 自分で作ってプレゼント

Language:

  • 日本語
  • English
  • French
  • Korean

体験レッスンのお申込み

SFCでは随時体験レッスンを受け付けています。

ニュースレターを購読する

ニュースレターとして読みたい方はメールアドレスをご登録下さい(無料)